読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供が夜間に怪我!緊急時の時にどうする?

<スポンサーリンク>

こんばんは、mimiです。

11カ月の次女。先月までは2秒ほど手を離して立つことができていたのですが、元旦早々、急に3歩ほど歩くようになりました。ほんとに急に歩き出してビックリした!!

f:id:imdestiny:20170104221757j:plain

嬉しい反面・・・女子なのに活発な男子のような次女。動く範囲が広くなるということは、危険なことも多くなって目が離せなくなります。

長男を怪我させた、忘れもしない2015年のお盆

長女の小さい頃は、おとなしく一人で人形遊びやままごとをするような子で、家の中を走り回るということがあまりない子でした。

そして、初めての男の子の育児。長男は私が想像していた以上に活発で、常に家中をちょろちょろと走り回る子です。

2015年のお盆というと長男が2歳になったばかりで、次女を妊娠していました。次女の妊娠中は、3人の中で一番悪阻が酷い妊娠でした。悪阻で気持ち悪くなりながらも仕事をしていたのですが、やっと明日からお盆休みに入りゆっくりできるわ・・・と思っていた、お盆休みに入る前日の夜の出来事。

またチョロチョロと走り回っていて、危ないなーーと思っていたその時!!

転んでしまって、運が悪いのか机にガーーーン!!って顔(眉間の少し下)を、おもいっきりぶつけました。

f:id:imdestiny:20170104234940j:plain

ほら・・・やっちまったよ!!

大泣きしている長男に近づいて、「大丈夫??」と声を掛けて見ると・・・

ぶつけた部分から、血がドバーーー!!!傷口はパッカーーーン!!!長男は叫ぶように泣いてる!!

私はパニックでどうしよう・・・どうしよう・・・とあたふたして・・・

主人が居てくれたお陰で、すぐに長男の傷口を血が出ないように指で押さえて、長女に「綺麗なタオルを出して!!」と指示していました。

私は半泣きで、あたふたしてるだけで役に立たず・・・

母強し!!というけれど、この時は父強し!!

子供の怪我した時に取った行動

夜間病院に連れて行こうと主人は言うけれど、今から行ってたら夜間病院の診療時間が終わってしまう。

仕方なく、救急車を呼びました。救急車が来るまでの間も長男はずっと泣き叫んでいました。

10分ほどで救急隊の方が来てくれて、傷口を見せました。

「あ~~~これは縫わないといけないでしょうね。でもお子さんがパニックになってるから救急車に乗せて行くと、よけいに泣いて出血が酷くなる可能性があります。意識もあるし今から見てくれる病院を聞いてみるので、自宅の車で病院に向かった方がお子さんも安心すると思います」と言われ、治療してくれる病院を探してくれました。

ちょうど車で10分ぐらいの場所にある、大きめの病院に外科の先生が当直しているということで、救急隊の方にお礼と平謝りして、すぐに病院に向かいました。

近所の人、みんな外に出て何事かと見てたよ・・・恥ずかしい・・・

病院についても役に立たない母親

結局、数針縫うだけの怪我で済みましたが、縫う時ってパッカーンって開いた傷口の内部に麻酔を打つのか。私は傷口の近辺に注射を打つのかと思っていたのですが・・・私は可哀想で見れなかった。

またそれで長男が泣きわめいて、みんなで押さえつけていました。

主人に先生が「傷口縫いますが、気持ち悪くなったらいけないので、見なくて大丈夫ですよ」って言ってくれたけど「僕は大丈夫です」って、ジィ~~と見てました。

そういえば・・・この人、グロイのとかぜんぜん大丈夫な人だったな。

「24時間ぐらいは様子を注意してみて、吐いたりしたらすぐに救急車を呼んで下さい。」って言われたけれど、そのようなことがなかったので良かったです。

今でもその時の傷は残っているのですが、傷だけで済んで本当に良かったと思います。

危ないと思っていたのに注意しなかった私が悪いし、こんな時にあたふたして何もできず、救急車も呼んでしまって・・・情けない。

長男の怪我は、親である私の不注意です。

子供の緊急時の怪我や病気の相談窓口

小さな子供が休日や夜間に怪我をしたり病気になった時に自分で判断ができない時は、小児科医師や看護師が電話で相談にのってくれるサービスがあります。

#8000

全国同一で、住んでいる都道府県の相談窓口に自動転送されます。

都道府県により実施時間は多少違いますが、この番号を覚えておくことは必要ですね。

詳しくはこちらです小児救急電話相談事業(#8000)について |厚生労働省

 

私も長男の怪我をした後で知ったのですが、目のつく所に貼っています。 

しかし怪我をして意識が無い・嘔吐している時など、緊急の時は後で後悔しないように救急車(119番)を呼びましょう。

 

関連記事 

www.satiarimama4.com