『セルフメディケーション税制』が始まるが、多くの人が所得控除を受けられる可能性がある!

<スポンサーリンク>

こんにちは、mimiです。

みなさん、『セルフメディケーション税制』という医療費控除の特例の制度が始まるのをご存知ですか??

平成29年1月1日~平成33年12月31日までの期間限定の制度のようですが、継続される可能性もありますね。

この制度、多くの人が控除を受けられる可能性があります。

f:id:imdestiny:20161221162437j:plain

風邪を引いたり、お腹が痛くなったりした時に、病院に行くまでではないのでドラッグストアで市販の薬を購入することがあると思います。

ドラッグストアで購入した時のレシートを捨てている人って多いのではないかな??

でもこれって、医療費控除でも対象になるので、1年間(1月~12月)のものは捨てずに保管しておいた方が良いです。

セルフメディケーション税制とは?

スイッチOTC医薬品を(医師の判断でしか使用できなかった医薬品を薬局で買えるようにしたもの)ドラッグストアなどで購入した時、年間での合計金額が12,000円を超えたときに、確定申告を行えば所得税と住民税の減税を受けられるという制度です。

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について |厚生労働省

セルフメディケーション税制の申告対象となる人の要件

①所得税と住民税を納めている

②1年間(1月~12月)に「特定健康診査」・「予防接種」・「定期健康診断」・「健康診断」・「がん検診」を行っている人

私はパートなので会社での「健康診断」はなく「予防接種」も受けていません。しかし、主人が会社での「健康診断」があるので対象者です。私や子供たちが購入した市販薬の代金も主人にまとめることができます。

③1年間に対象となるOTC医薬品を購入した合計金額が12,000円を超えている(上限金額88,000円)

セルフメディケーション税制の注意点

ドラッグストアに売られている医薬品、すべての医薬品が対象ではありません!

配合されている成分によって決まっているので、風邪薬でも「風邪薬A」はこの制度の対象医薬品であっても、「風邪薬B」では制度の対象医薬品にならないことがあります。

ドラッグストアでは、来年から売り場にわかりやすく表示してくれている可能性もありますが、義務ではないようなので薬剤師に確認したほうが良いと思います。

または、こちらhttp://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000124846.pdf

医療費控除で医薬品代を申請していたけど、違いは?

私は今まで風邪薬を購入した時は、『医療費控除』で医療費とまとめて申請していました。

医療費控除とは

医療費やドラッグストアなどで治療のために購入した薬を1年間(1月~12月)に合計金額が10万円を超えたときに(またはその年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%の金額を超えたとき)所得税と住民税の減税を受けられるという制度です。

 

我が家では、ここ3年ほどは「医療費控除」を確定申告で申請しています。

長女の手術代・矯正費用・家族の医療費・ドラックストアで購入した医薬品代など合計したら10万円超えていたので。

医療費控除の対象のものがややこしい

①保険金などで補填差し引く

長女の手術をしたときに、医療保険から保険金が出ましたが、いくら出たのか一緒に提出しないといけません。あと出産した時に「出産育児一時金」がでますが、病院に差額分だけ支払った時は問題ないのですが、あとで出産育児一時金が返った時は、これも提出して差し引く必要があります。

②電車・バス・タクシーなどの交通費は対象

長女は県外で手術をしたのですが、自家用車を利用しました。このときは駐車場代・ガソリン代・高速代など対象外になります。

タクシー代が対象なら、いつもの通院をタクシーで行けば楽じゃないかと思いますが、通常の交通手段では通院できない時だけ、タクシー代も対象になります。

子供が一人で病院に通院できない場合は、付き添いの人の交通費も対象になります。

バスや電車を利用したときは領収書がないことがほとんどだと思います。そのような時は、必ず「どこからどこまで、何回、いくら使用したのか」ということを、家計簿に忘れないように記入しておくことが大切です。

③入院したときに対象になるもの

入院中、病院から支給された食事は対象ですが、自分で購入して食べたものやパジャマや洗面具などは対象外です。

本人の都合で個室に入院した時の差額ベット代は対象外です。

子供に付き添いした時にベットを借りましたが、付き添いの人のベット代や食事代も対象外です。

④歯の治療

虫歯の治療など保険診療のものは問題がないのですが、長女の矯正のように自由診療はあいまいです。美化するための治療は対象外ですが、子供の成長を阻害しないようにするための治療は対象になります。

⑤予防接種

インフルエンザやロタなどは基本対象外です。しかし、B型肝炎ワクチンの接種は対象です。

⑥市販の薬

風邪薬などの治療や療養に必要な医薬品の購入代金は対象、サプリメントなどの予防や健康増進のための医薬品は対象外です。

医薬品と洗剤などを一緒に購入した時は、わざわざ医薬品だけの領収書を貰う必要はありません。レシートに医薬品はいくらだったのかわかるようにチェックを入れておけば、後で聞かれた時にわかるし、レシートの提出で大丈夫です。

 

けっこう曖昧でありながら細かく決められているので、医療費控除を受けようと思う方はNo.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)|所得税|国税庁で確認して下さい。

市販薬の代金は『セルフメディケーション税制』と『医療費控除』のどちらで申請すればいいのか??

『セルフメディケーション税制』と『医療費控除』の併用はできません!

  • 市販薬を年間で12,000円を超えているが、医療費と合わせても10万円を超えていない

そんな時は、『セルフメディケーション税制』で申請する。

  • 市販薬を年間で12,000円は超えていないが、医療費と合わせると10万円は超えている

そんな時は、『医療費控除』で申請する。

  • 医療費が年間で10万円を超えて、市販薬も年間で12,000円を超えている

超えている金額が大きいほうで申請する。

所得税と住民税の減税を受けるための注意点

基本は、領収書やレシートがあることが前提です。

病院にほとんど行かないし市販薬もほとんど購入しないという方でも、いつ怪我や病気になり高額な医療費が掛かるのか誰にもわからないので、念のために領収書・レシートを1年間は保管しておくことが大切です!!

 

関連記事

www.satiarimama4.com