20歳までに幽霊を見ないと一生見ないと言う話は本当なのか?

<スポンサーリンク>

こんにちは、mimiです。

一昨日の書いた記事には、「経過が気になる」というコメントを頂きました。ありがとうございます。

しかし、まだ、A8.netからの連絡はありません。今日と明日が休日なので連絡が来るのは来週になるかな??

また、進展があれば記事にしたいと思います。

その時の記事はこちらです。

www.satiarimama4.com 

さて、今日は記事のネタが思いつきません。

そこでこの前、誰かのブログで『金縛りにあった』という内容の記事を読んだので、思いついた内容を書きたいと思います。

ブックマークするのを忘れてたので、誰のブログか解らない・・・やっぱり、ブックマークするのって必要だね!!

f:id:imdestiny:20161105132309j:plain

20歳までの私

子どものころから、幽霊と言われるものを見たことがありません。

足音とか笑い声と言うのは聞いたことがありましたが、自分の思い込みであって幽霊だったのかは定かでありません。

なので、私は20歳までに幽霊というものは見たことが無いのです。

小学生の時に、仲の良かった同級生で霊感の強い子がいました。

体育館のステージ横に倉庫があり、その倉庫の2階には、ガラスの付いていない小窓がありました。

霊感の強い同級生は、よく「その小窓から日本人形がこっちを見ている!」と言っていましたが、私には見えなかったので・・・

嘘くさ~~!!と思っていました。

幽霊なんかこの世に絶対にいないとは言えませんが、自分が見えないと半信半疑です。

私がパートをしている会社で仲良しのKさんがいます。プライベートでも、ランチに行ったりと付き合いがあります。

そのKさんは偶然、私の出身校と同じ小学校の卒業生でした。私より6つ上の先輩ですが、そのKさんと小学校のころの話をしていて、同級生が話していた体育館で見える日本人形の話をしたのです。

どうも、Kさんの同級生にも霊感が強い子がいて、同じことを言っていたと・・・

怖っ!!

私の同級生が言っていた日本人形の話も、嘘ではなかったのかもしれません・・・

私が見えないから検証のしようがないけれど。

そんな話をした後、怖い話が嫌いなKさんを1人倉庫内に残して、私は消えたのです。

私・・・ドSだわ(*`▽´*)ウヒョウヒョ!!

後で、めっちゃ怒られたのですが・・・

うちの主人

私とは対照的に子供のころから、ちょくちょくと幽霊を見たり、金縛りにあったりしているようです。

主人が小学生の時に、人の足に白い蛇が巻き付いてるのを見て、友達に「あれ見て~~!!」と言うと友達には見えていなかったようで、白い目で見られたと言っていました。

それからは他人には見えないものが自分に見えても、絶対に口には出さなかったそうです。

主人は一時期、頻繁に幽霊を見ていたようで、自分は普通ではないんだ・・・普通ではないんだ・・・と思い悩んでいたようです。

ある時、担任の先生に職員室に呼ばれ、「最近様子がおかしいけど、どうした??」と聞かれ、この先生なら「見えない物が自分には見える」と言ってもバカにはされないだろうと思い、話しました。

すると担任の先生は、それは個性だから気にすることはないと言ってくれ、主人の心は救われたのです。

この先生、凄いな〜〜!!

私なら、嘘やろ〜〜??ギャハハッ!!と笑ってただろうな・・・

私みたいな人間は、絶対に教師になってはいけないタイプです。

今でも、ちょくちょく見るみたいです。

長女の霊感

長女に幽霊が見えると知ったのは、小学6年生の時です。

電気を付けたまま就寝するので、なぜ消して寝ないのか聞いたところ・・・

部屋に女の子が立っていたから明るくして寝ると。

このころ主人が階段のところに女の子がいると話していて、長女にはこのことを話していませんでした。なので長女が言うことが、嘘だとは思えません。

そういえば赤ちゃんの時に、誰もいない所を見て笑ったり、話していたりしてました。

小学1年生の時に初めてキッズ携帯を持たせたのですが、長女が嬉しがってカメラ機能で写真を撮りまくっていたのです。

夜間、高速を走っている時、車の中から外の風景を撮ったことがあります。その画像には、車のライトでもなく、夜景の明かりでもなく、天気のすごく良い日だったので稲妻の光でもない真っ赤な光のような物体が写っていました。その画像は気持ち悪くて、主人もすぐに消去したほうが良いというので消してしまいました。

残しておいたらブログにアップ出来たのに、残念だわ・・・

私たち両親にも、そんなことを話したことがなかったので、その時に初めて長女には幽霊が見えることを知りました。

5年生の宿泊学習の時も、体育館で就寝していると、同級生でも先生でもない人が立っていたと・・・昔の人のような服装をしていたので幽霊だと思ったようです。

学校で見た時に友達に話をすると白い目で見られたので、それからは一切話をしないようにしていたと・・・まったく主人の子供のころと同じね。

遺伝って怖っ!!

長女は主人より霊感が強いようで、目を凝らすとその人の後ろに何人付いているのか見えると言っていました。

中学生に入ってからは見える回数が少し減ったようですが、今でもたまに見えることがあるようです。

中学校のすぐ隣に墓場があるのですが、長女の教室から見える場所にあります。

ヤンチャな子供達が授業を受けずにその墓場で遊んでいる様子を見ていたら、隣に貞子のような女の人が立っていたと言っていました。

バカだな・・・墓場で遊んだらダメですよ。

主人の担任の先生が言うように、個性だからうまく付き合っていくしかないね。

20歳からの私

結論から先に言うと、20歳までに幽霊を見ないと一生見ないと言うのは嘘です。

主人と結婚してから、女の人の笑い声を聞いたり、お経が聞こえたりということがありました。

以前住んでいたところが良くなかったということもあると思いますが・・・

25歳ぐらいの時にハッキリ見たのです。

週に3回ほど、早朝の4時半ごろから仕事に行っていました。この時間帯は、新聞配達の人がバイクで走っていたり車が数台走っているので、ぜんぜん人がいないということは無いのです。

しかし、その日は走っている車もいないし新聞配達の人もいないし、珍しい日だなと思いながら車を走らせていたのです。

すると道に、おばぁさんが下をうつむいて、ぼぉーっと立っていました。巾着袋を持って、微動だにせずただ立っていたのです。その時は不思議に思い、車を止めて見ようと思ったのですが仕事に遅刻しそうなので、バスでも待っているのかなと思って気にせず過ぎ去りました。

でも後々、考えるとおかしいのです。

2月の一番寒い時期に、春のような薄着をしていたし、バスの始発は6時過ぎぐらいなので、そんな早い時間に待っていなくてもいいのです。そして生気が無かった。

この話を主人に話すと、たぶん幽霊で私と波長が合ったから見えたのだと。

車を止めて見なくて良かったよーー。

それ以外にも、20歳過ぎてから貞子みたいな女に寝てる時に足を引っ張られたとか、1人で昼寝してる時に子供に肩を押さえられて話しかけられ(下の子2人が産まれる前の話なので、うちの子では無い)金縛りに合ったとか書きたいことはあるのですが、かなり長くなるので辞めておきます。

私には霊感は無いと思うのですが、主人と長女の影響を受けていると思います。

クッソ~~~!!!そんな影響は要らないよ!!

20歳までに幽霊を見なくても、一緒にいる人が霊感が強いと影響されてしまうということもあるのですよ。20歳に幽霊を見なかったからといって、一生見ないということは無いのです・・・