昔と今の育児、初めての離乳食

<スポンサーリンク>

こんにちは、mimiです。

最近次女は、私たちがご飯を食べている時に「じーっ」と見て興味があるようです。

下の歯も2本生えてきたので離乳食スタートです!!

f:id:imdestiny:20160901145208j:plain

昔の育児

ベビー用のジュースがドラックストアで売っていますが、長女の育児をしていた14年前は、母乳と母乳の間の時間に、水分を取らせるために「白湯」を飲ませましょうと言われていました。

3カ月ぐらいからは「果物をつぶした果汁」を与えましょうとも言われていました。

ドラッグストアには、3カ月ぐらいから与えられる「ベビー用のジュース」が売られています。

赤ちゃんでも美味しいものはすぐに覚えるんですよね。ベビー用のジュースをあたえると、「白湯」・「ベビー用麦茶」は一切飲まなくなりました。大きくなっても、お茶はあまり飲まずにジュースばかり飲んでいます。

失敗しました・・・

今の育児

今は、「白糖」は無理に与えなくてよい、「果汁」は6ヶ月ぐらいまでは与えないほうがよいとされています。

昔は栄養的に母乳や粉ミルクが怠るという考えから「果汁を与えましょう」という考えだったようです。

「与えなくてもよい」と言われても、水分補給はどうするの?母乳なら何回与えても安心ですが、粉ミルクだとそうもいきません。栄養を取りすぎて肥満になっても困りますし・・・

長女の時に失敗したので、長男の時は、「ベビージュース」は一切あたえず、「ベビー麦茶」を与えていました。そのせいか、お茶が好きな子になり、今でもほとんどジュースは飲みません。

昔と育児方法が違いすぎて、ジェネレーションギャップを感じます!!

離乳食

お米から鍋で炊くのは面倒なので、私は炊飯器で炊けたご飯を使ってます。

  • ご飯  約100g
  • お湯  300cc

だいたいこのぐらいの量で鍋で炊いて、米をつぶします。米の原型がないというぐらいつぶしています。ちょっと手を加えて鰹節で出汁を取ったお湯でご飯を炊きました。

一手間かけたのに気にいらなかったみたい・・・

一番最初は少量を口に入れて様子を見ます。すごく、不味そうな顔をして吐き出されました。

次の日も嫌そうな顔をされました。食いつきが全然よくないので、ふつうのお湯で作った離乳食を与えたら食べてくれました。

なんか、ショック!!

赤ちゃんは大人の好みとはまったく違うので、仕方がないよね・・・

離乳食のスタート時は、食べ物で栄養を取るという考えではなく、食べる練習ですからね。

これから離乳食をスタートするお母さん、最初は、手が込んだものを作っても、食べて貰えないとガッカリするので、普通のものがいいですよ・・・普通が・・・